コラム・ブログ一覧

2018年度健康保険の申込期間と補助金について

アメリカの皆保険制度である「オバマケア」の受付が始まっています。

申請期間は11月1日~12月15日までの45日間ですが、CA州など一部の州は、下記のように申請期間が延長されました。この期間を逃すと、2018年度の健康保険は、特別な事情が無い限り、年の途中で新たに加入したり、プランを変更したりすることはできませんので、十分ご注意ください。

 

 

【2018年度のFederal Poverty Level(*以下FPLと省略)について】

下記の表は、ご家族の世帯年収(Adjusted Gross Income)と世帯人数により、州政府から毎月の保険料負担を軽くするための補助金(TAX Credit)を、受け取るに値するか否かの確認ができる一覧表です。FPL100%以下に該当する方は、州政府管轄の低所得者向け健康保険「Medicaid」に該当し、保険料が無料になったり、低価格で医療サービスを受けられる可能性があります。

Medicaidに該当するか否かのラインをFPL100%と位置付け、FPL100%以上400%未満に該当する方でも、所得レベルに応じて州政府から補助金を受け取れ、毎月の保険料が安くなる可能性があります。上表からご自身のご家庭が、補助金の対象になりそうだと思われる方は、下記Webサイトからでも、具体的な補助金額と保険料について確認ができます。お住まいの州のZip Codeや年齢、所得額などを入力し進めていくと、各社プランの比較ができるようになっています。ぜひお試しください。

補助金額算定・保険料試算・申し込みHealthCare.gov : https://www.healthcare.gov/

また、完全に補助金の対象から外れるという方は、各保険会社のWebサイトからでも、申し込みが可能です。締め切りギリギリで慌てなくて済むよう、お早めにご検討ください。

*弊社ではCA州のみ健康保険のご相談を承っております。

関連記事

保険の豆知識

  1. アメリカの皆保険制度であるオバマケアの受付が、11月1日よりスタートします。
  2. Centers for Disease Control and Preventionのデータによると...
  3. 前回は、アメリカの公的年金制度であるソーシャルセキュリティーの仕組みや老齢年金Retirement ...