アメリカの学資の積立

お子様が生まれると切ってもきれないのが教育資金のこと。これからのお子様の教育にいくら資金が必要なのか?(参考:アメリカの教育費について)どうそれを準備するか?
「いつか考えなきゃ・・・」と思いつつ、先延ばしになっていませんか?お子様の成長は、お金が貯まるのを待ってはくれません。

ここアメリカでの学費の準備には銀行預金の他にも民間の保険会社の学資プランなど様々な選択肢があります。どのような手段で貯めるにしろ、最も効率的に月々の負担を軽く貯める方法は「利率が良いものを選ぶこと」と、「とにかく早くはじめること」です。
できるだけ早い時期に目標を定め、貯める手段を比較し、お考えに合うものをお選びください。

ここアメリカの積立型保険は、日本と比較すると保険料は安く、積立利率は高くなっています(★参照)。帰国後に日本で外貨建てを勧められ、「アメリカでもっと良く調べておけば良かった・・・」と後悔される方が続出し、また弊社でも、帰国前の方の駆け込み相談が増えてきました。
アメリカの保険への加入は、アメリカにお住いの今しか出来ません。いずれ日本にご帰国される方も、そうでない方も、“アメリカにいる今”のメリットを活かす事により、お子様の将来の選択肢を増やすお手伝いになるかもしれません。

銀行貯金との比較

お子様の学費を少しずつ貯めていこうとご計画の方、銀行の利率がいくらかご存知ですか?必ず貯めなければ行けないお金を効率的に貯めたい。そんな方にご紹介したいのが『保障』『貯蓄』の両方を兼ね揃え、さらに『利率』の高い“アメリカの積立型保険”です。保険なので死亡保障も当然ついており、積立て途中のもしも・・の時にも、大切なご家族の為にお金を残すことができます。

例)お子様が生まれて、18歳になるまでに$100,000貯めることを目標とした場合の“銀行の定期預金”で貯めた場合と、“アメリカの積立保険”で貯めた場合の比較の一例を御覧ください。

日米の学資積立プランの比較

以下の図は、日本の大手保険会社で販売されている、学資保険(上図)とアメリカの保険でできる積立て(下図)の違いです。日本の学資保険では、18年後に、元本割れしています。。

日本では2016年にマイナス金利政策が始まり、もともと低かった保険利率がますます下落しています。その為保険商品として採算の取れない積立型保険(学資保険や個人年金など)は販売停止が相次ぎ生命保険料も値上げの一途を辿っています。

 

各種ビザで滞在の方も加入できます

(Fビザも加入可能な商品がございます。お問い合わせ下さい)

特に下記ような方は、お早目にご相談ください。

  • 日本への帰国が決まった方
  • アメリカで貯まったドルをどうしようか迷われている方
  • お子様の学資の積立をお考えの方
  • ご自身の老後の個人年金をお考えの方
  • 日本へ帰国後、貯蓄型保険をお考えの方(日本の貯蓄型保険は今消滅の危機です)

参考コラム

 

保存保存

保存保存

ピックアップ記事

  1. 2017.8.23

    2018年度の健康保険、CA州は12.5%の値上げ

    Centers for Disease Control and Preventionのデータによると...

保険の豆知識