アメリカの学資の積立

お子様が将来、日米どちらの大学でも選べる様な教育資金、いくら必要かご存知ですか?
日本の公立大学の4年間の授業料(+入学金)は全国ほぼ一律で約243万円(2017年度)です。しかし、アメリカの州立大学はその州内に住む納税者かどうかで授業料が異なります。州内からの入学で日本の約2~2.5倍($50,000~$65,000)、州外からの入学だと約5~7倍(約$123,000~$174,000)の授業料となり、日本と比べるとアメリカの学費は非常に高くなっています。

アメリカの学資積立

お子様の学費を少しずつ効率的に貯めていこうとご計画の方にご紹介したいのが『保障』『貯蓄』の両方を兼ね揃え、さらに『利率』の高い“アメリカの積立型保険”です。保険なので死亡保障も当然ついており、積立て途中のもしも・・の時にも、大切なご家族の為にお金を残すことができます。

今、日本でポピュラーな外貨建て保険、日本で入るよりももちろん直接入ったほうがお得です。帰国後に「アメリカでもっと良く調べておけば良かった・・・」と後悔される方が続出!弊社でも帰国前の方の駆け込み相談が増えてきました。アメリカの保険への加入は、アメリカにお住いの今しか出来ません。そんなアメリカの保険のメリットをご説明します。

日本の積立保険との比較例
日本の大手保険会社で販売されている、学資保険(上図)とアメリカの保険でできる積立て(下図)の違いです。日本の学資保険では、18年後に、元本割れしています。

銀行との比較
銀行に寝かせていてもお金は増えません。その理由は“利率”を見ると明らかです。金融商品としてみても魅力的なこの『アメリカの保険』の高い利率を活かすため、日本の銀行に寝かせているお金をドルに変え、貯蓄を『アメリカの保険』に移動される方もいらっしゃいます。

 


例)お子様が生まれて、18歳になるまでに$100,000貯めることを目標とした場合の“銀行の定期預金”で貯めた場合と、“アメリカの積立保険”で貯めた場合の比較の一例を御覧ください。

保険ご相談の流れ

相談無料

相談無料ですが、押し売りなどは一切ございません。ご相談だけでもOK!
プランのお申し込み手続きも出来ます。加入後のアフターフォローもお任せください。
保険証券などご加入中の資料をご持参頂ければ、既にご加入中のプランの見直しも可能です。お気軽にお申し付けください。
特に日本への帰国が決まられているかたは、お早めにご相談下さい。

※ 店舗詳細は店舗名をクリックしてください