コラム・ブログ一覧

健康保険のPreventivve Careについて

2月に入り、健康保険:オバマケアの2018年度の申請期間が終了しましたが、ご加入を予定されていた方は、無事に加入することはできましたか?

さて、今回は健康保険の「Preventive Care」についてご紹介したいと思います。

ACA(Affordable Care Act)発足後、全てのMarketplace health planにご加入されている方には、年に一回のPreventive Care(病気予防のためのサービス)を、無料で受けられる権利があります。
(*Marketplace health planでは無い健康保険や海外旅行保険にご加入されている方は、このサービスが付いていない場合があります。)

もちろん企業でご加入されているグループ保険の場合も、このサービスは付いています。

このサービスを利用すると、Preventive Careのオプションを加えたり治療を受けたりすることがない限り、通常発生するCo-paymentやCo-insurance代を支払う必要なく、受診することができます。
Deductible(保険でカバーされない免責額)の高いプランをお持ちであったとしても、Deductibleの対象外となり、代金を支払う必要はありません。

無料で受けられる項目は、政府が発表しているPreventive Careの基準を満たす形で、各保険会社及び州により決められています。
大きくは患者の性別と年齢により項目が分かれているのですが、例えば女性の乳がん検診(Mammogram)などは「50歳以上は2年に一回」等というように、年齢によっても回数が制限されています。

 

ごく一部ではありますが、下記に各保険会社が発表している最新のPreventive Careの項目について記載させていただきますので、ぜひご参考下さい。

 

Kaiser Permanente

Kaiser Permanente

 

Health Net

Health Net

 

Blue Shield of California

For children ages 0 to 2

For children ages 3 to 10

For children ages 11 to 19

For women ages 20 to 49

For men ages 20 to 49

For men and women age 50 and older

 

BlueCross BlueShield of Illinois

BlueCross BlueShield of Illinois

 

Preventive Careを受けたい場合は、ご自身が加入している保険プランのネットワーク内のドクターに、事前にアポイントを取って行く必要がありますが、毎年10月頃になると、多くの保険加入者が、年に一回だけのこのサービスを利用しようとして、病院の予約が取りにくくなる事があります。(プラス風邪やインフルエンザの患者さんも多い時期でしょうから!)

普段から人気のドクターや、女性のドクターに乳がん検診をしてもらいたい等という方は、これからの時期がオススメかもしれませんね。

 

 

関連記事

保険の豆知識

  1. 2月に入り、健康保険:オバマケアの2018年度の申請期間が終了しましたが、ご加入を予定されていた方は...
  2. トランプ氏の掲げる医療政策として耳にされたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はHSA(...
  3. アメリカの皆保険制度であるオバマケアの受付が、11月1日よりスタートします。