コラム・ブログ一覧

アメリカの保険について②

今回は、アメリカで加入できる代表的な3つの積立型保険をご紹介します。

1.  終身保険 (Whole Life Insurance)

定額の保険料と一生涯の死亡保障が保証されている、債券運用型のプランです。多少保険料が高くても、安心確実な保証を持ちたい方に向いています。

2. 変額終身保険 (Variable Life Insurance)

様々に変化するライフスタイルに合わせて、保険料や受け取る保険金をフレキシブルに変更可能な変動金利型のプランです。

 3. インデックス連動型終身保険 (Index Universal Life Insurance)

アメリカの株価に連動して利息が付く、インデックス連動型のプランです。利率に上限が設定されている商品が多いかわりに、株価がマイナスになった時にも最低利息の保障がある固定金利型と変動金利型の良い点をあわせもった保険です。

では、こういった様々な選択肢の中からどのプランを選ぶべきか?

ですが、その方の年齢、目的、健康状態、希望保障金額、支払い可能な保険料の金額等、様々な要素が組み合わせられます。

しっかりと自分にあったプランを見極め、いいなと思うプランに出会ったら同じ内容の商品を別の保険会社とも比較検討して条件の良いものをお選びください。

では今回ご紹介した3つの保険が、日本の保険と比べてどれくらい積立利率が違うのか?

については、次回をお楽しみに。

関連記事

保険の豆知識

  1. テキサス州ヒューストンにて 、大人気セミナー「ランチ付き学資保険の上手な選び方セミナー」を開催させて...
  2. 2月に入り、健康保険:オバマケアの2018年度の申請期間が終了しましたが、ご加入を予定されていた方は...
  3. トランプ氏の掲げる医療政策として耳にされたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はHSA(...