知って得する!アメリカの保険!

知って得する!『アメリカの保険』

知って得する!『アメリカの保険』

ご存知ですか?貯蓄を増やす『アメリカの保険』
日本・アメリカに限らず、銀行に眠っているお金は何年たってもほぼ増えません。
かといって絶対に損はしたくないから銀行に寝かせたままにしている。こういった方が多いのではないのでしょうか?
お金を寝かせる場所を『アメリカの保険』にすることで、その資金を“増やす”事ができます。

この『アメリカの保険』についてご存知ない方が多く、日本に帰国後、外貨建ての積立保険を勧められ後悔される方が多々いらっしゃいます。
なぜ、貯蓄の為に保険なのか?それは『アメリカの保険』の持つ高い積立利率が、金融商品としての魅力を持つからです。

なぜ、アメリカの保険が人気なのか?

支払う保険料は日本よりも安く、受け取るお金は日本よりも増える

支払う保険料は日本よりも安く
受け取るお金は日本よりも増える

いま日本で売れている積立保険は外貨建です。もちろんアメリカで直接入るほうが断然お得なこのドル建ての保険、多くの方がアメリカで直接入らなかった事を後悔されています。

人気の秘密は利率の高さ!

人気の秘密は利率の高さ!

日米銀行や日本の保険の積立利率は0.25%以下なのに対し、アメリカの保険の利率は2.5%以上。この圧倒的な利率の高さが貯蓄を増やす理由です。増えるチカラが日本の10倍以上です。

こんなに凄い!利率のチカラ

こんなに凄い!利率のチカラ

アメリカの保険、アメリカの銀行(CD)、日本の銀行(定期預金)に同額($30,000)を10年間、20年間、30年間寝かせた場合にいくらになるか?で、見比べてみましょう。

アメリカの保険に預けた場合の30年後の受取金額は、予定利率が3.0%の場合は預けたお金の2倍以上に増えます。これが利率のチカラです。


では具体的にどの様な商品であれば、効率的な貯蓄増が可能なのか?お客様の家計状況・ライフプランに合せてピッタリの保険会社のプランをご紹介させて頂きます。お気軽にご相談ください。

今、お金は無いけれど、将来まとまったお金が必要になる方

『保障』『貯蓄』の両方を兼ね揃えた積立型の保険がお勧めです。目標金額・内容がほぼ同等の日本の保険と比べると、圧倒的に少ない月々の保険料で積立てることができます。保険なので死亡保障も当然ついており、積立て途中のもしも・・の時にも、大切なご家族の為にお金を残すことができます。お子様の学資資金としてはもちろん、老後資金貯蓄としてもご利用頂けます。

積立保険は早めの行動が秘訣・・・ではどの様なプランを選べばよいのか?それは、ご加入者の年齢、健康状態、喫煙の有無、月々のご予算、目標積立期間など、様々な要因でお勧めの保険会社が異なってまいります。お客様の効率的な積立の為に、ご希望に沿ったピッタリの保険会社のプランを紹介させて頂きます。健康状態に不安の有る方も、弊社では多くのお客様のケースを取り扱っておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

できるだけ費用を抑えたい方

そんな方には、アメリカの掛け捨て型保険をおすすめします。日本と同等の保障を選んでも保険料は日本の半分以下です。
もちろん日本へ帰国後もご継続頂けます。

わたしたちにお任せ下さい

米国でご活躍の日本人の皆様へ

弊社『insurance 110』は全米に9拠点の来店型店舗を持つ保険代理店です。アメリカに数多くある大手保険会社(取扱保険会社40社以上)の中から、皆様のご要望にそった保険を日本語でご紹介させて頂いています。国土の広いアメリカ。お近くに日本人コミュニティーがない場合は、文化や言葉の壁もあり気軽な情報収集を困難に感じてらっしゃる方が多いと思います。できるだけ多くの在米中の皆様に『アメリカの保険』の魅力を知って頂きたいという理念を元に、店舗の無い州にお住まいの方へも、メール・お電話・Skypeなどでご相談を承っております。また店舗近くにお住まいでも、小さいお子様がいらっしゃるなどでなかなか店舗にお越し頂けない方へは、ご訪問相談なども致しております。お気軽にご相談下さい。

お気軽に、最寄り店舗にお電話ください。また、リストにない州にお住まいの方も、お気軽にご相談下さい。

7/1(日)オレゴン州に新店舗ポートランドオフィスがオープンしました!

7/28(土)、8/25(土)Noviにて学資無料セミナーを行います!

ご対応可能な州が続々増えています。まずはお気軽にご連絡下さい。

  • 子供の学資金を貯めたい
  • 老後の貯蓄を始めたい
  • 貯まった米ドルを日本帰国時にどうするか?
  • 銀行に眠ったままのお金をうまく運用できないかな?
  • 積立型と掛け捨ての保険の違いって?
  • 分散投資に興味がある方

保険に関するご質問は何でもご相談ください

保険ご相談の流れ

お見積り・ご相談は無料

相談無料ですが、押し売りなどは一切ございません。
40社以上の取扱保険会社の中から、日本の保険にも熟知したスタッフがお客様の状況・ご要望にピッタリの保険をご紹介させて頂きます。既にご加入中の保険の再検討や、他店でご加入を迷われている場合の、セカンドオピニオンとしてもお気軽にご利用下さい。

アフターフォローも万全

お客様が日本へご帰国後も、弊社ではご加入時の担当だけではなく、組織としてアフターフォローを行わせて頂きますので、先の長い保険に入られる場合もご安心下さい。

ピックアップ記事

  1. 2019.6.5

    死亡保険金の受取人は誰に設定する?①

    生命保険に加入する際、被保険者が亡くなった時のためにBeneficiary(死亡保険金の受取人)を指...

保険の豆知識