お子様が生まれると必ず必要となる教育資金。「いつか考えなきゃ・・」と先延ばしになっていませんか?在米中の親御様、またはこれから出産をご予定・お考えの皆様へ、日本へ帰国してからでは入れない、日本よりオトクなアメリカの積立保険の特徴をご紹介します。学資の積立は早めに始める事が秘訣です。在米中のチャンスを活かし、効率的な積立てをご検討下さい。

お子様が生まれると必ず必要となる教育資金。「いつか考えなきゃ・・」と先延ばしになっていませんか?在米中の親御様、またはこれから出産をご予定・お考えの皆様へ、日本へ帰国してからでは入れない、日本よりオトクなアメリカの積立保険の特徴をご紹介します。学資の積立は早めに始める事が秘訣です。在米中のチャンスを活かし、効率的な積立てをご検討下さい。

積立額より大きく増える

アメリカの保険なら

積立期間が短くても

高い利率でしっかりと増えます

日米の積立保険を比較!

お子様が大学入学されるまでに一定額を積立てたい。
また、もしもの時に備え、大切なご家族の為に死亡保障も欲しい。
そんな方には積立利率の高い『アメリカの保険』がおすすめです。
ではどの様にアメリカの方がお得なのか?以下の例で比較してみましょう。

35歳の男性が月々約4万円の保険料を支払い、
18年後に 約500万円を貯める。この例を日米大手の保険会社で比較

  日本の保険 アメリカの保険
月々の保険料 約4.1万円 約$400
積立期間(年数) 10年間 8年間
日本より積立期間が短い!
積立総額 約490万円
約4.1万円×12ヶ月×10年間
約$38,400
約$400×12ヶ月×8年間
積立開始から18年後
受取総額
約480万円
積立総額の2%減
約$50,300
積立総額の31%増

 

アメリカなら『一括で保険料を支払う』こともできます!

保険料:約$34,000を一括で支払う

受取総額 : 約50,300

積立額より大きく増える

アメリカの保険なら

積立期間が短くても

高い利率でしっかり増える

日米の積立保険を比較!

お子様が大学入学されるまでに一定額を積立てたい。また、もしもの時に備え、大切なご家族の為に死亡保障も欲しい。そんな方には積立利率の高い『アメリカの保険』がおすすめです。ではどの様にアメリカの方がお得なのか?以下の例で比較してみましょう。

35歳の男性が月々約4万円の保険料を支払い
18年後に約500万円を貯める例を
日米大手の保険会社で比較

  日本の保険 アメリカの保険
月々の保険料 約4.1万円 約$400
積立期間
(年数)
10年間 8年間
日本より
積立期間が短い!
積立総額 約490万円
約4.1万円×12ヶ月
×10年間
約$38,400
約$400×12ヶ月
×8年間
積立開始から
18年後

受取総額
約480万円
積立総額の2%減
約$50,300
積立総額の31%増

 

アメリカなら一括で支払う事も!

保険料 : 約$34,000を一括支払い

一括受取:約$50,300

18年寝かせることで
$16,300増える!

日本へご帰国時される方がアメリカで貯めた米ドルを保険にされる事にで人気です。

kodomo

どの様に積立てる?

死亡保障のついた積立型保険は、ご加入者の年齢・性別・健康状態によって月々の積立額が変わってきます。オトクに積立てるなら早めに始める事が何よりも秘訣です。
いくつかの項目をご確認させて頂くことで、お客様の目標・条件にできるだけ沿った実際の保険会社のプラン(お見積り)無料で作成させて頂きます。健康状態に不安の有る方も、弊社では多くのお客様のケースを取り扱っておりますので、まずは『学資プラン作成依頼』からお気軽にお問合せ下さい。

無料『学資プラン作成』ご確認項目

▶ ご加入者の年齢・性別・健康状態について
▶  お子様のご年齢

▶  積立期間・目標金額

押し売りなどは一切ございません、お気軽にご依頼下さい。

どの様に積立てる?

死亡保障のついた積立型保険は、ご加入者の年齢・性別・健康状態によって月々の積立額が変わってきます。オトクに積立てるなら早めに始める事が何よりも秘訣です。
いくつかの項目をご確認させて頂くことで、お客様の目標・条件にできるだけ沿った実際の保険会社のプラン(お見積り)無料で作成させて頂きます。健康状態に不安の有る方も、弊社では多くのお客様のケースを取り扱っておりますので、まずは『学資プラン作成依頼』からお気軽にお問合せ下さい。

学資プラン作成 ご確認項目

▶ ご加入者の年齢・性別・健康状態について
▶  お子様のご年齢

▶  積立期間・目標金額

押し売りなどは一切ございません、お気軽にご依頼下さい。

kodomo

しっかり保証

格付けの高い、安心の大手保険会社の商品をご紹介します。保険会社ごとの信用度も、丁寧にスタッフがご説明します。

ご加入時が在米中であれば、その後ご帰国されたとしても保険の継続は可能です。
将来は日本・アメリカどちらに住まれるか迷っていらっしゃる方にも、安心してご加入頂けます。
SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)もしくはTaxIDをお持ちの方であれば、VISAで在米中でもご加入可能です。
ご加入は在米中のみ可能ですので、ご帰国がお決まりの方はお早めにご検討下さい。
早期解約控除はございますが、お預け後2年~3年後以降(商品により異なります)はご解約されたとしても、元本が保証されます。

クリックで
詳細が
表示されます

しっかり保証

↓タップすると詳細が表示されます

格付けの高い、安心の大手保険会社の商品をご紹介します。保険会社ごとの信用度も、丁寧にスタッフがご説明します。

ご加入時が在米中であれば、その後ご帰国されたとしても保険の継続は可能です。
将来は日本・アメリカどちらに住まれるか迷っていらっしゃる方にも、安心してご加入頂けます。
SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)もしくはTaxIDをお持ちの方であれば、VISAで在米中でもご加入可能です。
ご加入は在米中のみ可能ですので、ご帰国がお決まりの方はお早めにご検討下さい。
早期解約控除はございますが、お預け後2年~3年後以降(商品により異なります)はご解約されたとしても、元本が保証されます。
kodomo

学資以外にも使える

積立てた貯蓄は学資以外のどの様な用途にもご利用頂けます。アメリカの保険その高い利率から金融商品の一つとしても認知されています。貯蓄を銀行に寝かせるよりも、利率の高いアメリカの保険をご利用下さい。

休眠預金等活用法とは・・・

日本では、2019年1月より10年間お取引の無い休眠預金は民間公益活動に活用され、簡単なお引き出しが出来なくなります(預金が無くなるわけではありません)。日本の銀行に10年寝かせても、金利の低さから預金はさほど増えません。うっかり銀行に寝かせるのであれば、アメリカの保険に寝かせ、確実に増やしましょう。

学資以外にも使える

積立てた貯蓄は学資以外のどの様な用途にもご利用頂けます。アメリカの保険その高い利率から金融商品の一つとしても認知されています。貯蓄を銀行に寝かせるよりも、利率の高いアメリカの保険をご利用下さい。

学費について

学費について

お子様が将来、日米どちらの大学でも選べる様な教育資金、いくら必要かご存知ですか?
日本の公立大学の4年間の授業料(+入学金)は全国ほぼ一律で約243万円(2017年度)です。しかし、アメリカの州立大学はその州内に住む納税者かどうかで授業料が異なります。州内からの入学で日本の約2~2.5倍($50k~$65k)、州外からの入学だと約5~7倍(約$123k~$174k)の授業料となり、日本と比べるとアメリカの学費は非常に高くなっています。
そして肝心なのは授業料だけではなく、住居・食事・学用品(教材)などの“授業料以外の費用”も必要となってくることです。さらに昨今は財政状況の悪化より、州によっては学費が20年前から約3倍、10年前から約2倍も値上がりしている大学もある為、お子様が大学に進学するまでの、インフレも考慮した上での準備が肝心です。

お客様の声

お客様の声

お子様あり

既婚

30代

30代

既婚

お子様あり

子供が生まれ、日本で加入中の保険の保障(死亡保障など)の見直しをしたく相談しました。日米どちらで加入するのが良いのか?またそのメリット・デメリットについて質問をしたところ、全て丁寧にお答え頂きました。また子供の教育費を含むこれから必要となるお金についても細かくご説明頂いたので、自分自身にどれくらいの保障が必要かも分かり、出費を最小限に抑えながら、もしものときには十分な額を家族に残せる、満足のいく保険に加入する事が出来ました。
30+b

お子様あり

既婚

30代

30代

既婚

お子様あり

子供の学資準備をしようと自分でも調べていましたが、英語の情報を自分が正しく理解しているのか不安に思っていたところ、日本語で相談できるところがあると聞き相談をしました。今まで日本語で相談できるところがなかなかなかった上、一定の資金予算($1million程度)以上の人しか専門の相談を受けることは難しいかと思っていたのですが、今回手頃な、利率の良い積立型の保険に加入することができました。また、日本にまとまった資金があるので折を見てその相談もしたいと思っています。
30+b

お子様あり

既婚

40代

40代

既婚

お子様あり

主人のアメリカでの転職を機に、日本の会社を通して加入していた保険がなくなってしまい生命保険の金額が足りないのでは?ということで相談に来ました。死亡時にソーシャルセキュリティーから家族にでるお金の話なども聞き、過不足なく加入が出来て安心しました。また、気になっていたものの手付かずであった子供の学資積立にも相談に乗って頂き、下の子は十分間に合うとのことで短期で積み立てるプランに加入しました。良いところばかりでなくデメリットや税金面の話もしっかり話してもらい納得して一番いいプランを選べました。
40+cs2
kodomo

わたしたちにお任せ下さい

わたしたちにお任せ下さい

米国でご活躍の日本人の皆様へ

弊社『insurance 110』は全米に9拠点の来店型店舗を持つ保険代理店です。日本の保険にも熟知したスタッフが、アメリカに数多くある大手保険会社(40社以上の取扱保険会社)の中から、皆様のご要望にそった保険を日本語でご紹介させて頂いています。2012年サービス開始以降、ご相談件数は20,000件を超えました。国土の広いアメリカ。お近くに日本人コミュニティーがない場合は、文化や言葉の壁もあり気軽な情報収集を困難に感じてらっしゃる方が多いと思います。できるだけ多くの在米中の皆様に『アメリカの保険』の魅力を知って頂きたいという理念を元に、店舗の無い州にお住まいの方へも、メール・お電話・Skypeなどでご相談を承っております。お気軽にご相談下さい。

日本へのご帰国をお考えの方へ

ご帰国が既にお決まりのお客様は、できるだけ早めにご相談下さい。弊社で年々駆け込み相談が増えています。ご契約を頂いた日本人のお客様の1/3は既に日本にご帰国をされており、いろいろなお手続きをサポートさせて頂いております。ご帰国後も安心してお任せ下さい。

保険ご相談の流れ

保険ご相談の流れ

お見積り・ご相談は無料

相談無料ですが、押し売りなどは一切ございません。
40社以上の取扱保険会社の中から、日本の保険にも熟知したスタッフがお客様の状況・ご要望にピッタリの保険をご紹介させて頂きます。既にご加入中の保険の再検討や、他店でご加入を迷われている場合の、セカンドオピニオンとしてもお気軽にご利用下さい。

アフターフォローも万全

お客様が日本へご帰国後も、弊社ではご加入時の担当だけではなく、組織としてアフターフォローを行わせて頂きますので、先の長い保険に入られる場合もご安心下さい。

kodomo