帰国前に知って得する『アメリカの保険』

ご存知ですか?貯蓄を増やす『アメリカの保険』
お子様の学費、またご自身の老後資金など、将来にむけての貯蓄をお考えの方、日本へご帰国前の今が、アメリカで出来る効率的な貯蓄方法を知る最後のチャンスです。

いま日本で一番ポピュラーな積立保険は外貨建です。もちろんアメリカで直接入るほうが断然お得なこのドル建ての保険、多くの方がアメリカで直接入らなかった事を後悔されています。なぜ、貯蓄の為に保険なのか? その秘密をこちらでご紹介します。

メリット

支払う保険料は日本の保険よりも安く、受け取るお金は日本の保険よりも増える。
アメリカの保険は日本の保険よりもお得な商品がたくさんあります。しかしご加入はアメリカにお住いの今しか出来ません。

利率

なぜアメリカの保険が人気なのか?それは“利率”を見ると明らかです。日米銀行や日本の保険の積立利率は0.25%以下なのに対し、アメリカの保険の利率は2.5%以上。増えるチカラ10倍以上です。

銀行に眠っているそのお金、寝かせるだけで貯蓄が増えます

在米中に貯まった米ドル、このまま銀行に寝かせる予定ですか?
銀行に預けていても増えないお金、アメリカの保険なら高い利率の力で寝かせるだけで増やす事ができます。
既に眠っているお金がある、また、今すぐは使わないけれど将来(学資資金や老後資金)に向けて増やしておきたい。そんな方にお勧めです。


アメリカの保険、アメリカの銀行(CD)、日本の銀行(定期預金)に同額($30,000)を10年間、20年間、30年間寝かせた場合にいくらになるか?で、見比べてみましょう。

アメリカの保険に預けた場合の30年後の受取金額は、予定利率が3.0%の場合は預けたお金の倍以上に増えます。これが、日本やアメリカの銀行で眠っているお金をアメリカの保険に移動される方が続出する理由です。

終身年金として受け取る

寝かせたお金の受取時が60歳以上の場合、終身年金として分割受取することが可能です。
年々上がっている平均寿命、公的年金だけでは不安ではありませんか?

今、お金は無いけれど、将来まとまったお金が必要になる方

『保障』『貯蓄』の両方を兼ね揃えた積立型の終身保険がお勧めです。目標金額・内容がほぼ同等の日本の保険と比べると、圧倒的に少ない月々の保険料で積立てることができます。保険なので死亡保障も当然ついており、積立て途中のもしも・・の時にも、大切なご家族の為にお金を残すことができます。
お子様の学資資金としてはもちろん、老後資金貯蓄としても人気です。

 


例えば、お子様が生まれて、18歳になるまでに$100,000貯めることを目標とした場合の銀行の定期預金で貯めた場合と、アメリカの積立保険で貯めた場合の比較をみると…

相談無料

相談無料ですが、押し売りなどは一切ございません。ご相談だけでもOK!
プランのお申し込み手続きも出来ます。加入後のアフターフォローもお任せください。
保険証券などご加入中の資料をご持参頂ければ、既にご加入中のプランの見直しも可能です。お気軽にお申し付けください。

特に日本への帰国が決まられているかたは、お早めにご相談下さい。
ご加入者の健康状態によっては、ご加入まで3ヶ月程度かかる場合もございます。いつかご帰国のご予定がある方は、できるだけ早めにご相談ください。

※ 店舗詳細は店舗名をクリックしてください

  • 子供の学資金を貯めたい
  • 老後の貯蓄を始めたい
  • 貯まった米ドルを日本帰国時にどうするか?
  • 銀行に眠ったままのお金をうまく運用できないかな?
  • 積立型と掛け捨ての保険の違いって?

保険に関するご質問は何でもご相談ください

保険ご相談の流れ